水素水サーバー「アキュエラブルー」の詳細情報|アキュエラブルーの特徴まとめ

この記事を書いた人の画像
この記事を書いた人
スイスピ管理人 KON(一般社団法人水素健康推進協会認定 水素健康インストラクター)
子供のころから敏感体質・虚弱体質に苦しんできたのですが、水素と出会ったのをきっかけにして体質がかわり、毎日をフルに活動できるようになりました。
そこから水素の医学研究や様々な製品にも興味を持つようになり、一般社団法人水素健康推進協会認定講師『水素健康インストラクター』の資格をとるまでになってしまいました。

この記事では水素水サーバー「アキュエラブルー」の製品詳細についてご紹介したいと思います。

≫高濃度水素水サーバー・アキュエラブルー

もくじ

他の卓上水素水サーバーとの比較

まずは参考までに、卓上水素水サーバーのなかで人気を3分している「ルルド」「ガウラmini」と比較した一覧表をご覧ください。

 ルルドアキュエラブルーガウラミニ
購入価格(税別)148,000円284,000円148,000円
レンタル価格(税別)4,980円/月
容量1.8L 0.8L4L
サイズ幅31 x 奥行き16 x 高さ31cm幅16 x 奥行き25.2 x 高さ42.5 cm幅18 x 奥行き38 x 高さ33.9 cm
水道水の使用
(塩素を取り除く必要有)

(塩素を取り除く必要有)

(浄水フィルター内蔵)
水素濃度・水素生成時間30分:1.2ppm0分:1.0ppm
5分:1.6ppm
待ち時間なし:1.0ppm
メンテナンス2日に1回オゾン水をつくる3日に1回薬品洗浄
月1回クエン酸洗浄
30L使用ごとに洗浄
(ボタンひとつでできる)
カートリッジ・フィルター交換9ヶ月に1回
【カートリッジ代税別2,830円】
不要12ヶ月に1回【レンタルの場合は無料、
購入の場合はフィルター代税別6,000円】
その他アルコールの7倍以上の
殺菌・消臭力がある
「オゾン水」もつくれる

アキュエラブルーの特徴

  • 待ち時間なしで1.0ppm濃度の水素水がつくれる
  • 5分で飽和濃度1.6ppmの水素水がつくれる

というアキュエラブルーですが、卓上水素水サーバーの草分け的存在で、すでに10年近く売れ続けています。

最近の水素水ブームにのっかった「ぽっと出」の水素水サーバーではなく、10年も売れ続けているということがアキュエラブルーの品質の高さを物語っているといえます。

アキュエラブルーの使用イメージ

アキュエラブルーの使用イメージは、「飲むときに飲む分だけ水素水をつくる」というものです。

これはアキュエラブルーの以下のような特徴によります。

  • アキュエラブルーの容量は800ml(ルルド1.8L、ガウラミニ4Lに比べて少なめ)
  • アキュエラブルーは水素水生成後、つくった水素水を排出しきる必要がある。(水素水生成後30分で自動殺菌モードに入るため)

「たくさんつくって置いておく」という使い方ではなく、飲みたい分だけの水を入れて、水素水をつくって飲むという流れですね。

(飽和濃度1.6ppmの水素水をつくる場合は「飲みたい分だけ」(コップ一杯など)ではなく800mlの水をいれてつくる必要があります。)

「どんなときでもそのとき飲む分だけの水素水をコップ一杯分からすぐにつくれる」というのがアキュエラブルーの使用イメージであり、最大のメリットでもあります。

アキュエラブルーは水道水はそのまま使えません

塩素を含んだ水道水をそのまま使うと機械が痛む可能性があるため、

  • 浄水器等で塩素を取り除いた水
  • ミネラルウォーター

このどちらかを使用する必要があります。

自宅の水道に浄水器がついていれば問題ありませんし、浄水器を設置していない場合も、3,000円程度で買える浄水装置を使用すれば十分です。

アキュエラブルーのメンテナンス

アキュエラブルーは雑菌が繁殖しやすい水回りの精密機械なので、日々のメンテナンスが必要になります。

  • 3日に1回、専用の洗浄液で洗浄(機械部分を洗浄)
  • 1ヶ月に1回、専用のクエン酸で洗浄(こびりついたミネラル分を洗浄)

大変そうに思えますが、洗浄液を入れてボタンひとつでできるようになっています。

実際の口コミを見てみると「思ったより簡単だった」という声と「それなりに手間はかかる」という両方の声があがっていました。

そのなかには「水関係の機器というのはどうしてもミネラルや水垢で内部が汚れていくのは避けられないものだと経験上理解しているので、このくらい洗って当然」という声もありましたが、この口コミがいちばん的を得ているかもしれませんね。

かんたんなメンテナンスの代わりに製品寿命が短くては意味がないので、長く利用することを考えるとこれくらいメンテナンスがあったほうがいいと思います。

アキュエラブルーの口コミ

こちらのページ(水素水サーバー「アキュエラブルー」口コミのまとめ)で実際に使用している方たちの口コミをまとめています。

口コミの内容ごとにわかりやすくまとめてみましたので、最終的な判断の決めてにしていただけると思います。

アキュエラブルーを検討されている方はぜひ見てみてください。

まとめ

以上、アキュエラブルーについて特徴をまとめると、

  • 飲み方は「飲みたい分だけその都度つくって飲む」イメージ
  • それなりにメンテナンスは手間がかかる
  • 10年近く売れ続けている製品への信頼性はある

といった特徴になるかと思います。

こちらのページ(水素水サーバー「アキュエラブルー」口コミのまとめ)では、実際に使用している方たちの口コミをまとめていますので、最終的な判断の決めてにしていただければと思います。

≫高濃度水素水サーバー・アキュエラブルー

2016年12月に「水素ガス吸入療法」が、厚生労働省の「先進医療B」として認定されました。

水素分子をダイレクトに体内に取り入れることの有効性を正式に確認する作業が始まっています。

また全国の医療機関のなかには、すでに生活習慣予防やがん、認知症、脳梗塞等の治療に水素吸入を活用する動きも始まっています。

管理人KONのアイコン画像管理人KON

日常的な健康対策や病気予防として水素吸入に興味を持ち始めている方も多いのではないでしょうか?

ただ一方では水素吸入の情報は十分とはいえず、いざ水素吸入を始めようと思っても

  • 本当に効果あるの?
  • どんなやり方がいいの?
  • 水素吸入器はどうやって選べばいいの?

といった点がいまひとつはっきりしていない状況があります。

「スイスピ」では水素吸入体験者へのアンケート記事や、複雑でわかりにくかった水素吸入器の選び方についてまとめた記事を始めとして、水素吸入に関する情報収集と発信に力をいれています。

今後も充実させていく予定ですので、ぜひ参考にしてみてください。


『水素ガス吸入の効果が知りたい!水素吸引サロンや吸引器の口コミ体験談まとめ』

『【2020決定版】水素吸入器の選び方|おすすめ9機種の性能を徹底比較』

『【水素吸入器H2ヒーラー】で1ヶ月吸入してみた結果|効果や使い勝手の口コミ体験談』

この記事を書いた人

子供のころから敏感体質・虚弱体質に苦しんできたのですが、水素と出会ったのをきっかけにして体質がかわり、毎日をフルに活動できるようになりました。
そこから水素の医学研究や様々な製品にも興味を持つようになり、一般社団法人水素健康推進協会認定講師『水素健康インストラクター』の資格をとるまでになってしまいました。

>>詳しいプロフィールはこちら

もくじ
閉じる