家庭用卓上水素水サーバーのガウラミニ)の5つの特徴|ルルドやアキュエラブルーとの違いも解説

水素水サーバー(水素水生成器)
この記事を書いた人

子供のころから敏感で弱い体質と付き合ってきたのですが、水素と出会ったのをきっかけにして体質がかわり、毎日をフルに活動できるようになりました。
そこから水素の医学研究や様々な製品にも興味を持つようになり、一般社団法人水素健康推進協会認定講師『水素健康インストラクター』の資格をとるまでになってしまいました。

>>詳しいプロフィールはこちら

スイスピ管理人KON(一般社団法人水素健康推進協会認定 水素健康インストラクター)をフォローする

今回は家庭用卓上水素水サーバーとして人気の高い「ガウラミニ」の詳細情報を調べてみました。

他の卓上水素水サーバー「ルルド」や「アキュエラブルー」と何が違うのかも確認してみましたので、参考にしてみてください。

 

 

 

ガウラミニの特徴をルルド、アキュエラブルーと比較

まずガウラミニの特徴を、ルルド、アキュエラブルーといった他の卓上水素水サーバーと一覧表で比較してみましょう。

 ルルド アキュエラブルー ガウラmini
ルルド赤あきゅえらあスクリーンショット 2016-03-18 1.05.37
製品ページ
製品ページ

製品ページ
購入価格(税別)148,000円284,000円148,000円
(オプションカラーは
+25,000円)
レンタル費用(税別)  4,980円/月(3年契約)
容量1.8L0.8L4L
水道水をそのまま使用
(塩素を取り除く必要有)

(塩素を取り除く必要有)

(浄水フィルター内蔵)
水素濃度・水素生成時間30分:1.2ppm0分:1.0ppm
5分:1.6ppm
待ち時間なし:1.0ppm
電極が飲み水に触れるか触れない触れる触れる
その他アルコールの7倍以上の
殺菌・消臭力がある
「オゾン水」もつくれる
  
メンテナンス2日に1回オゾン水をつくる3日に1回薬品洗浄
月1回クエン酸洗浄
(ボタンひとつでできる)
30L使用ごとに洗浄
(ボタンひとつでできる)
カートリッジ・フィルター交換9ヶ月に1回
【カートリッジ代税別2,830円】
不要12ヶ月に1回
【レンタルの場合は無料、
購入の場合はフィルター代税別6,000円】

 

ガウラミニの特徴1:水素濃度

ガウラミニの水素濃度については

1.0ppm前後

となっています。

この1.0ppmという濃度は「水の中に溶け込ませた水素分子の濃度」ですが、

ガウラミニの場合、同時に「気体のままの水素分子」も注入されます。

この白く濁っているのが「気体のままの水素分子」ですね。

気体のままなので炭酸飲料のようにすぐに抜けていってしまいますが、すぐに飲めば通常の1.0ppm濃度以上の水素分子をからだに取り込むことができます。

 

とはいえ溶存水素濃度1.0ppmだけでも充分な高濃度なので、ガウラミニの水素濃度は十二分であるといえるでしょう。

1.0ppmの濃度で溶け込んでいる水素分子はすぐには抜けません(数時間はOK)。なのでそれほどあわてて飲む必要はないので安心してください^^

 

 

 

測定器で実測した口コミも

水素水サーバー「ガウラミニ」の評判・口コミをまとめてみた
今水素水サーバーの導入を検討しています。 その中でも気になっているのが、月々5,000円ほどでレンタルできる「ガウラミニ」という製品。 待ち時間なし 1.0ppm...

こちらの記事ではガウラミニについての口コミをまとめていますが、そのなかに

「メチレンブルーの水素濃度判定試薬で測ったら低い数値が出たけど、ちゃんとした機器で測ったら1.0ppmの水素濃度だった」

という声がありました。

実測値でも水素濃度は問題ないといえそうです。

 

ちなみにメチレンブルーの水素濃度判定試薬は溶存酸素があると正確に測定できないことがあり、ガウラミニのような電気分解でつくった水素水の測定には向いていないので注意が必要です。

 

 

ガウラミニの特徴2:水道水がそのまま使える

これは「ルルド」「アキュエラブルー」といった他の卓上水素水サーバーにはない、「ガウラミニ」だけの特徴です。

ガウラミニには浄水フィルターが内臓されているため、本体の4Lのタンクに水道水をそのまま入れて使うことができるんですね。

ルルドやアキュエラブルーの場合はあらかじめ浄水器などで塩素を取り除いた水か、あるいはミネラルウォーターを購入して使用する必要があるため、

  • お手軽さ
  • コスト面
 

で、ガウラミニには大きな強みがあるといえます。

gaurajousui
▲ガウラミニは浄水機能つき

 

ガウラミニの特徴3:日々のメンテナンスが楽

もういちど比較一覧表を見てみると、メンテナンスの部分でも各水素水サーバーに違いがあります。

 ルルドアキュエラブルーガウラミニ
メンテナンス2日に1回オゾン水をつくる3日に1回薬品洗浄
月1回クエン酸洗浄
(ボタンひとつでできる)
30L使用ごとに洗浄
(ボタンひとつでできる)

 

ガウラミニの日常メンテナンス方法

ガウラミニは30L使用するごとにサインが点滅しますので、そのときに

「クリーニングボタンを押すだけ」

で日々のメンテナンスは完了です。

gauramente

「2日に1回オゾン水をつくる」(ルルド)
「3日に1回薬品洗浄+月1回クエン酸洗浄」(アキュエラブルー)

と比べると、ガウラミニのメンテナンスの楽ちんさは際立っていると感じます。

 

年1回のフィルター交換

あとは年に1回のフィルター交換が必要ですが、

  • 本体レンタルの場合は無料
  • 本体購入の場合はフィルターも6,000円(税別)で購入
 

となっています。

 

ガウラミニの特徴4:デザイン性が高い

gauraminigree

最近ではキッチンに合わせた洗練されたデザインの家電も増えてきています。

ガウラミニの大きな特長のひとつとして、そんなおしゃれなキッチンや家電に囲まれても遜色ないデザイン性があげられます。

 

オプションカラーも登場。

基本カラーは「ホワイト」「ブラック」「レッド」の3色ですが、キッチンのイメージや好みに合わせて選べるよう、オプションカラーが登場しています。

※オプションカラー購入の場合はオプション料金が25,000円(税別)、レンタルの場合は追加で毎月700円(税別)かかります。

 

gauracolor
▲オプションカラーは追加料金がかかります。

 

 

ガウラミニの特徴5:購入とレンタルの両方に対応

設置型の大型水素水サーバーであれば「レンタル」が一般的ですが、卓上水素水サーバーでレンタルに対応しているのがガウラミニしかありません。

 

 購入3年レンタル
購入費用148,000円
(税別)
 
レンタル費用
(月額)
 

4,980円/月

◎3年総額
179,280円

◎途中解約費用:
残りの契約期間のレンタル費用合計の50%

フィルター交換代
(年1回必要)
6,000円
/1年
無料
保証・修理等1年保証3年(全期間)

(表示はすべて税別価格)

 

レンタルは月4,980円(税別)。解約費用を支払えば途中解約も可能。

3年契約での月々のレンタル代は4,980円(税別)となっています。

3年未満で何なかの事情で契約解除する場合も「残りの契約期間のレンタル費用合計の50%」の違約金を支払えば解約は可能です。

 

ただ、上の比較表からわかるとおりコスト的には購入のほうがお得だといえますね。

「レンタル」の良い点としては

  • 長期のレンタル期間中に故障などあってもいつでも保証してもらえる
  • 新しいモデルが出た場合、乗り換えしやすい
 

といったメリットが考えられます。

ガウラミニの最低耐用年数の目安としては「5年以上」とのことですが、長期保証付で安心して使いたいという場合はレンタルという選択もありかもしれません。

 

ということで、

「少しでもお得に使いたい」

「毎月支払う定額コストを増やしたくない」という方

購入がおすすめ

「家に(ゆくゆくは処分が必要な)モノを増やしたくない」

「長期にわたって安心して使いたい」

「毎月の定額コストが多少増えても気にならない」という方

レンタルがおすすめ

といった選択になるかと思います。

 

 

まとめ

以上、今回は人気の高い家庭用卓上水素水サーバーである「ガウラミニ」の特徴について見てきました。

個人的には今現在の家庭用卓上水素水サーバーのなかでは総合的にみてナンバーワンの製品だと思っていて、導入にかなり心が傾いています。

水素水サーバーを検討されている方の参考になれば幸いです。

 

 ガウラミニ 公式サイトで詳しく見てみる→

 


【追記】

ガウラミニの「口コミまとめ」と「実際に導入して使ってみた感想」は、下記の記事を参考にされてみてください。

 

 

 

 

トップへ戻る