ラブリエリュクスってどう?評価と口コミのまとめ【水素吸引器比較】

ラブリエリュクスは2015年1月に販売が開始された、水素吸入器のなかでも古くからある製品のひとつです。

販売期間が長いということは、それだけ支持され続けている製品だといえますよね。

そんなラブリエリュクスの大きな特徴は、

  • 水以外の飲み物を水素飲料にできる

という1点に尽きます。

今回はラブリエリュクスの特徴や口コミについてご紹介してみたいと思います。

 

YUIさん
YUIさん

水素水以外も水素入り飲料にできるのはうれしい!

管理人KON
管理人KON

ラブリエリュクスと他の水素吸引器の比較については、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

ラブリエリュクスのスペック

こちらがラブリエリュクスのスペック表です。

価格275,000円(税込)
吸引は口から?鼻から?
水素ガス濃度1.0%(「1分で60mlの水素吸入」)
水素吸引時間5分/15分/60分
水素水は?
水をふくむ好きな飲み物に水素注入ができる
1.0ppm以上
重さ2kg
サイズ186x190x408
充電パワー充電ではなくコンセント式
日々のメンテンナンス・
長期的メンテナンス
・電解補助液を補充
(成分は社外秘・口に入っても安全・水の電気分解をスムースにするためのもの)
 
電解補助液は1ヶ月で交換:667円
・必要に応じ精製水を補給:1ヶ月200円
保証期間1年
保証期間後の有償修理等可能
その他オプションでネックセットあり

 

ラブリエリュクスの特徴

ラブリエリュクスの特徴を知るために、水素吸引器を比較するときにチェックしたい以下のポイントからそれぞれみていってみましょう。

  1. 水素ガスの発生量(水素ガス濃度)は?
  2. 連続吸引はできる?
  3. 水素ガスの安全性は大丈夫?
  4. ランニングコストは?
  5. メンテナンスは大変?

 

❶ラブリエリュクスは1分間で60mlの水素ガスを発生

「1分間で60mlの水素ガスを発生」

これを吸う空気中の水素ガス濃度であらわすと「1%濃度」になります。

成人の安静時の呼吸量は1分間に約6,000ml。60÷6,000で1%になります。

 

この「1%濃度の水素ガス吸引」がどの程度のものなのかというと、

慶應義塾大学病院の水素ガス吸入治療:2%水素を18時間吸入

大阪大学呼吸器外科の水素ガス吸入療法:1.3%水素を24時間吸入

このようになっており、1%濃度はなかなかの高濃度であることがわかります。

 

❷ラブリエリュクスは連続吸引はできない・・

水素ガス吸引を検討している方のなかには、「体のことを考えて、できるだけ長く水素吸引したい」という方もいらっしゃいます。

残念ながらラブリエリュクスは連続吸引には対応しておらず、1時間使用ごとに30分以上間をあける必要があります。

公式サイトによると、連続運転すると本体の温度が上昇し、電解液から蒸発した水分がチューブ内で結露する可能性があり、水素ガスの出口を塞いでしまう可能性があるからだそうです。(ラブリエリュクス公式サイト|よくある質問より)

 

❸ラブリエリュクスの水素ガスの安全性は問題なし?

水を電気分解して水素ガスをつくる場合、天然の水に含まれる塩化物イオンから「塩素ガスが発生するリスク」があります。

▲水道水の残留塩素ではなく、天然の水に含まれる「塩化物イオン」が原因になります。

 

そのため水素吸引器のなかには「使用できる水に制限がある」ものがけっこうあります。

ラブリエリュクスもおそらくそのひとつで、水素を発生させるために通常の水は使いません。

  • 不純物が入っていない「精製水」
  • 水素を発生させやすくする「電解液」

この2つを使って水素を発生させるんですね。

天然水を使わないので、塩素ガスのリスクは避けられていると考えられます。

YUIさん
YUIさん

むずかしいけど、安全ってことでいいのね?

管理人KON
管理人KON

そうですね。
そのかわり「どんな水でも使えるわけではない(精製水と専用電解液のみ)」と制限がつくということですね。

 

ちなみに水素ガスというと爆発が気になると思いますが、空気中の濃度が4%を超えなければ爆発の危険はありません。

水素ガス吸入の場合は高くても2%程度なので、こちらも心配はないでしょう。

 

❹ラブリエリュクスは水以外の飲み物を水素飲料にできる

水素吸引器のなかには、「水素水もつくれる」タイプはいくつかあります。

ですが、水素水サーバーも含めて「水以外の飲み物を水素飲料にできる」のはラブリエリュクス以外にありません。(※私の調べた限りです^^;)

ラブリエリュクスはこの画像のように「発生させた水素ガスを水や飲み物に溶け込ませる」ことができます。

ただし、1.0ppm程度の高濃度の水素飲料にするためには30-60分バブリングする必要があるということなので、時間がかかるというのはマイナスポイントといえるでしょう。

 

❹ラブリエリュクスのランニングコストは月1,000円未満

ラブリエリュクスを使っていくために必要な毎月のランニングコストは、

  • 「精製水」の費用1L分:月200円
  • 「電解液」の費用:月667円

ということで、月867円です。

年間だと10,404円ですね。

水素吸引器の中には、こまごました補充品が必要でランニングコストが高くなるものもありますが、ラブリエリュクスのランニングコストはそれほど高くないほうだと思います。

 

❺ラブリエリュクスのメンテナスは超カンタン?

ラブリエリュクスのメンテナンスは、基本的に

「精製水」「電解液」の入れ替え

のみです。

水素吸引器のなかでもかなりラクな部類に入りますね。

 

ラブリエリュクスの特徴まとめ

ということで、これまで見てきたラブリエリュクスの特徴を「メリット」「デメリット」にわけてまとめてみましょう。

 

ラブリエリュクスのメリット

  • 水以外の飲み物を水素飲料にできる
  • 10,000ppm(1%濃度)の高濃度水素ガス吸入ができる
  • メンテナンスがラクで、ランニングコストも低め

ラブリエリュクスのデメリット

  • 水素飲料を十分な水素濃度にするには30-60分かかる
  • 連続吸引は60分までしかできない
  • サイズが大きめで充電式でもないので、外出先に持っていくのは厳しい
  • 専用ボトル、専用ストロー、専用電解液、精製水など、必要な付属品が多い
  • 税別250,000円と、わりと高額

 

 

ラブリエリュクスの口コミまとめ

では次にラブリエリュクスの気になる口コミを確認してみましょう。

30代女性購入者

使い始めて4日です。
毎日使ってますが、やっているとじんわり体が温かくなってきます。
大きな変化はまだ分かりませんが、質の良い睡眠がとれるようになりました。
朝の目覚めがよくなりました!
同じものを使っている友人いわく、花粉症が落ち着いた、お肌が綺麗になった、生理痛が改善された!だそうです。
私も美肌目指して使い続けてみます。

40代男性購入者

高い買い物ですのでかなり躊躇しましたが、1か月使用して買って良かったのかなと思っています。
今のところ一番に感じているのは、以前は睡眠が浅くぐっすり寝た感じがなかったのが最近は気づいたら朝って時が増えてきました。今後使い続けてどの様なところに以前との違いを感じていくのか非常に楽しみです。
改善点ですがやっぱり価格と大きさですかね。特に大きさは私的には気になっているところで本体のサイズと電源アダプタ(異常に大きい)のサイズが大き過ぎて場所を取るのと移動するにも大変です。小さい商品もあるのですが機能がどうしてもと思ってしまいます。もっと小さくて機能が変わらない商品を出していただけるとありがたいです。せめて電源アダプタだけでもなんとかなればと思います。

 

40代購入者

1ヶ月半使用しました。2年半前から機械性蕁麻疹になり薬なしでは眠れない状態でしたが、治療院でこちらの商品に出合い、1時間3千円以上するので思いきって購入しました。
今まで色々試してきましたが効果なく、水素吸入プラス 血流を良くするために手足ぶらぶら運動や、縄跳びのように軽くジャンプを定期的にして、治ったわけではありませんが薬なしの生活ができて嬉しいです。
鼻から吸うというのは意外と体力を使うので、体の弱りきった高齢者の方などは短時間で分けて吸入されてもいいかもしれません。
お値段が高いのと持ち手が付いてないのでマイナス1にしました。

(以上、楽天のショップ  インタークリスティーヌより)

スイソニアの半分ですが、効果同じ

祖母が末期ガンで、どうしても必要であったため、抗ガン剤の副作用治療に使っています。
使い始めて、1時間で意識が回復して、しゃべる事が出来ました。
祖母の「ありがとう」の一言で27万の価値がありました。
欲を言えば、回復してほしい。

買ってよかったです。

体の中から綺麗に浄化される感じ。色々と良い効果があるように思います。毎日使っています。

(以上、Amazonレビューより )

 

YUIさん
YUIさん

口コミを見てみると、水素吸引の効果を感じている人は多いみたいね。

管理人KON
管理人KON

水素ガス濃度1%は十分ですからね。

「サイズが大きすぎる」という声もあったので、自宅でしか使わないのであれば検討してみてもいいかもしれません。

 

>>ラブリエリュクス 公式ページで確認してみる

 

 

ラブリエリュクスと他の水素吸引器との比較については、▼こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

おまけ:私が選んだ「H2ヒーラー」とラブリエリュクスの比較

我が家で水素吸引器を検討した際、各機種を徹底比較した結果選んだのは「H2ヒーラー」という水素吸引器でした。

最後にこの「H2ヒーラー」をなぜ選んだのか、ラブリエリュクスとの比較をまとめてみたいと思います。

 ラブリエリュクスH2ヒーラー
価格250,000円(税別)129,000円(税別)
水素ガス濃度1.0%(10,000ppm)以上1.0%(10,000ppm)以上
連続吸引60分まで基本OK
水素吸引時間5分/15分/60分30分〜
使える水
精製水+専用電解液
フィルター内蔵で不純物を除去するため、「飲める水ならOK」
水素水は?
生成可能
30〜60分で1.0ppm
生成可能
3分で1.0ppm
(水素吸入後に飲める)
容量600ml(専用ボトル)450ml
重さ2kg490g
サイズ186x190x408mm75x65x245mm
充電パワー充電機能なし2-3時間のフル充電で
3分の水素水生成:約40回前後
30分の水素吸引:約3回前後
本体使用素材の特徴 
BPA(多くのプラスチックに使われている環境ホルモン物質)フリーの安全素材「トライタン」
日々のメンテンナンス
精製水と専用電解液の入れ替え
国際特許の「無角膜電解方式」により、クエン酸洗浄不要、軽い水洗いのみでOK
 
ランニングコスト
毎月の精製水・専用電解液交換費用
=年間10,404円
3〜6ヶ月ごとにフィルター交換(1本約3,300円〜)
=年間約6,600〜13.200円

(価格は税別表示)

主に太字の青・赤で比較したポイントがH2ヒーラーを選んだ理由になりました。

ラブリエリュクスとの比較ポイントをかんたんにまとめると、

  • 水素ガス吸入の性能はほぼ同じ
  • ランニングコストもほぼ同じ
  • 値段は約半分
  • 水素水生成のスピードが速い
  • コンパクトで充電式なので、外出先にも持ち出しやすい
  • 水を選ばずに使える
  • 値段が約半分
  • 日々のメンテナンスもラク

ラブリエリュクスと比べてH2ヒーラーを選んだ理由はこんなところです。

詳しい内容が気になる方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

トップへ戻る