H2メディカルパワーの評価は?|水素吸入器の口コミレビュー

この記事を書いた人
スイスピ管理人 KON(一般社団法人水素健康推進協会認定 水素健康インストラクター)
子供のころから敏感体質・虚弱体質に苦しんできたのですが、水素と出会ったのをきっかけにして体質がかわり、毎日をフルに活動できるようになりました。
そこから水素の医学研究や様々な製品にも興味を持つようになり、一般社団法人水素健康推進協会認定講師『水素健康インストラクター』の資格をとるまでになってしまいました。

水素吸入器「H2メディカルパワー」シリーズについては、「超格安」「価格破壊」の水素吸入器として、

 

すごく安いけど、実際どうなんですか?

といったお問い合わせをスイスピに何度かいただいてきました。

これまでは記事にするまでもないかな・・という考えもあったのですが、お問い合わせが増えてきたため、現時点でどのように評価できるのか?について記事にまとめてみたいと思います。

結論からいうと・・・

↑こちらの記事の「水素吸入器を選ぶチェックポイント」に挙げている、

「❽ メーカー・販売店の信頼性/アフターケア」の部分でちょっと不安があるため、

管理人KON

個人的には購入検討候補にははいらないかな、、、人にもおすすめはしないかな、、、

という印象を持っています。

今回はH2メディカルパワーについてなぜそのように感じているのか、詳しくご紹介してみたいと思います。

もくじ

H2メディカルパワー シリーズ商品一覧

こちらがH2メディカルパワーのシリーズ商品一覧です。

品名水素発生量/分価格(税込)
MEGA600600ml238,000円
MEGA12001200ml398,000円
MEGA27002700ml658,000円
MEGA48004800ml1,080,000円

えー、、、やっぱり安すぎますね・・^^;

例えば、水素ガス免疫療法の赤木医師が使用されている「水素ガス発生量:1200ml/分」の「ハイセルベーターET100」という水素吸入器が税込2,420,000円ですから・・

▲水素ガス免疫療法 赤木医師の著書

同じ水素ガス発生量「1200ml/分」の機器で比較すると、価格は約1/6になってしまいます。

他の機種も含め、この常識はずれの安さから「単純に『安すぎて不安』」という思いもありますが、それ以外に現在私がH2メディカルパワーを評価する上で気になっている点を見ていきたいと思います。

H2メディカルパワーについて、安さ以外で気になっていること

管理人KON

個人的に水素吸入器を選ぶ際にもっとも大事だと思っているのが「メーカー/販売会社の信頼性・アフターケアへの信頼性」です。

水素ガスは目に見えず非常に拡散しやすいため、専門的な機関ですら「測定が非常に難しい」という特徴があり、機器の性能を評価するのが簡単ではありません。

いっぽうで「水素分子を生成させる」だけであれば機械そのものをつくるのはそれほど難しくなく、メーカーの質は玉石混交なんですよね。

また水素吸入器は水まわり・電気まわりを扱うので、万が一の故障やトラブル時の対応能力(アフターケア)もとても重要だと思っています。

そのための水素吸入器を扱う会社については・・

  • 購入前のさまざまな疑問・質問に誠実に回答してくれるか?その姿勢があるか?
  • 「売ったら売りっぱなし」ではなく、しっかりとしたアフターケア・対応をおこなう姿勢・体制がととのっているか?
  • できるかぎり客観的な第三者機関によるデータ等が公開されているか?

これらのポイントをチェックするのが大事だと考えています。

このような前提をもとに、

現在、私がH2メディカルパワーについて安さ以外で気になっていることは以下の7点があります。

❶ 事業運営者が会社(法人)ではない?

H2メディカルパワーの販売ページには「販売社名」「会社概要」といった欄があります。

そこに表記されているのは「MAKE MEDICAL」という名称のみ。

https://make-medical.com/law/

株式会社や合同会社であれば「MAKE MEDICAL株式会社」とか「MAKE MEDICAL合同会社」といった表記になると思うのですが、そのようになっていません。

❷ 事業運営者の住所がレンタルオフィス/バーチャルオフィス

次に、表記されている事業者の所在地を調べてみると、その住所はレンタルオフィス/バーチャルオフィスのビルの住所でした。

>>「南青山のオープンオフィス」

「住所だけ」「電話番号だけ」でも会社らしく見せることができるのがバーチャルオフィスです。

MAKE MEDICALの実体がどんなものなのかはわかりませんが・・。

※2022.3 追記

最近所在地が移転したようすで、現在はレンタルオフィスのビルではない住所に変わっているようです。

❸ →それで適切なアフターケアや修理ができる体制が整っているのか不安

H2メディカルパワーの販売ページには、

  • 1年保証、無償修理
  • 1ヶ月無料返品保証

といった文字が並んでいますが、このような事業運営者の登録状況を見る限り、実際にどんな工場でどのような修理や整備がおこなわれているのかが見えてこず、不安感は拭えないな・・と感じます。

❹ 公式サイトのQ&A「水素発生量の確認方法」の回答が答えになってない

「H2メディカルパワーはちゃんとした水素吸入器だ」ということを証明するためでしょうか、公式サイトのQ&Aには

「水素発生量を確認する方法」が紹介されています。

>>「水素の発生量を確認する方法はありますか?」

YouTubeにも同様の動画がアップされていますね。

ところがその方法を見てみると・・・

はい あります。
ペットボトルに520ccの水を入れて、水を満たした洗面器に
水を入れたペットボトルを逆さに入れます。
その状態で、吸入管の先をペットボトル内に入れてください。
スマホ等でストップウォッチを準備し
水素吸入器のスイッチを入れると同時にストップウオッチを
スタートします。
水素が発生すると、ペットボトル内の水が水素ガスと入れ替わります。
1分ほどでペットボトル内の水がすべて水素ガスと入れ替わります。
約1分で520mlの水素が発生したことになります。

(引用元:https://make-medical.com/faq)

この方法で、たしかに「なんらかの気体が1分間に520cc出ている」ことは証明できるんですが、それが水素だという証明にはまったくなっていないんですよね。。。

YUIさん

たしかに。。

❺ 公式サイトのQ&A「水素濃度を確認できますか?」の回答も答えになってない

「出ているガスがたしかに水素だ」ということを確認するためには、ガスの水素濃度を確認するのが一番です。

そこでQ&Aにも『水素濃度を確認できますか?』という項目があったのですが、その回答を見ると・・・

水素ガス測定器で測定できますが、高額です。
8万円ほどします。

(引用元:https://make-medical.com/faq)
管理人KON

え、これで終わり・・??

これは8万円の測定器をお客さんのほうで購入して測ってね、ということでしょうか。。

またこれはYouTubeですが、「実際に測定器で測定したら99.9%の水素濃度確認できました」という動画もありました。

これはこれで素晴らしいことだと思うのですが、水素ガスの測定は専門機関でも難しいということを聞いていますので、できれば使用している「水素ガス測定器の機種名」あたりもあきらかにしてほしいなと思います。

映像からはけっこう簡易的な測定器では・・?という印象を持ってしまいました。

❻ 第三者機関による水素ガス発生量・水素濃度などのデータは見当たらない

このような状況なので当然かもしれませんが、第三者機関による水素ガス発生量や水素濃度のデータは見つけることができませんでした。

❼ 水素発生量が多すぎると健康被害の可能性も考えられるのに、その注意喚起がまったくされていない

先ほどご紹介したとおり、H2メディカルパワーのMEGA4800という機種は「毎分4800mlの水素ガスを発生」ということになっています。

ガン治療に使用されているハイセルベーターET100ですら「水素ガス発生量:1200ml/分」なので、桁違いの量ですよね。

水素は副作用がなく、摂りすぎた水素は身体から排出されるので、

YUIさん

吸入する水素ガスの量は多ければ多いほどいいんじゃない?
水素を吸いすぎたとしても害はないよね??

・・と思われるかもしれませんが、

「水素吸入」という【呼吸に関係する水素摂取】については、「多ければ多いほどよい」「多すぎても問題ない」とは言えないんです。

台湾のニュースで指摘「水素ガス量が多いと、酸素欠乏症の危険」

台湾製の水素吸入器「シェルスラン」の記事でもご紹介しましたが、水素製品関連の技術は日本よりも台湾のほうが進んでおり、台湾でも多くの水素吸入器が販売されています。

そんな台湾で、

「鼻からカニューラを使って吸入する水素ガスの量が多すぎる場合、酸素欠乏症になってしまい、さまざまな健康被害が起きる可能性がある」

という指摘がTVニュースで放映されています。

人が1分間に吸う空気の量は6,000cc(6,000ml)くらいだといわれています。

ですのでH2メディカルパワーの水素吸入器については、明らかに

鼻からカニューラを使って吸入する水素ガスの量が多すぎる可能性

について気をつける必要があると思うのですが、そのことについての注意喚起のようなものがまったくされていません。

これは小さくない問題だと思いますので、くれぐれも

吸入する水素ガスの量は多ければ多いほどいいんでしょ?

という短絡的な考えから水素吸入器を選ばれることのないようにしてほしいと思っています。

まとめ

ということで以上の内容から、現状では

管理人KON

個人的にはH2メディカルパワーシリーズは購入候補には入らないし、人にもおすすめはしないかな・・

と感じています。

もちろん価値観は人それぞれで、「品質や信頼性、アフターケアよりも安さがいちばん!」という考え方もあるかもしれません。

でも、大切な私たちの身体や健康のために水素を摂り入れてるんだ・・ということを考えると、そのための機械を扱う事業者にも安心感や信頼性を求めたいな、と思います。

水素吸入器を検討している方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

この記事を書いた人
スイスピ管理人 KON(一般社団法人水素健康推進協会認定 水素健康インストラクター)
子供のころから敏感体質・虚弱体質に苦しんできたのですが、水素と出会ったのをきっかけにして体質がかわり、毎日をフルに活動できるようになりました。
そこから水素の医学研究や様々な製品にも興味を持つようになり、一般社団法人水素健康推進協会認定講師『水素健康インストラクター』の資格をとるまでになってしまいました。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

おすすめ水素吸入器4選 詳細記事

ピュアラスキューブ プレミア

エビデンスレベルの高性能&コンパクト

シェルスラン・プロ

水素ガス発生量300ml/分

シェルスラン

水素ガス発生量100ml/分 スタンダード

リタエアー

レンタルのおすすめ 4,950円(税込)/月額

 

もくじ